« 不信感 | トップページ | 移り変わり »

最終日

月曜の朝です。マンションから見る湯来町方面は…

Img_0072 

白い…でも先週と変わらずにパークへ行きました。

昨日の内にタイヤはスタッドレスに履き替えてましたので大丈夫。

途中の道は、路面には雪はないもののImg_0074

こんな景色で私たちを迎えてくれました。

8時過ぎに到着し、中へ入るとKさん発見、まだ来られてたんだ。

トウガを外に繋ぎに出てきてたので「お手伝いする事ありませんか?」と聞くと、「犬たちは少なくなったから、あるとしたらサークルとかの解体が途中でほったらかしだから、それぐらいですかね~」と疲れた声で…折角来たし手伝いますよ、ってなったんだけど、結局、片付けの作業は業者が入ってやるそうなので、もうお世話する犬も少ないから良いですよってスタッフの方(A-1のリーダーの方だと思う)に言われ、最後に残ってる子に合わせてもらって帰ることに…

残っているのは小型犬が4頭、大型犬1頭(トウガ)、パピー4頭(HPに新たに載った子達)だそうです。

小型犬の子達はどの子かは分らなかったけど、ゲージに毛布を被せてある中でみんなないてお腹すいたよって訴えてたのかな?それとも私達が入ったから不審者だってほえてたのかも^_^; 一つ一つ毛布をめくってくれて、みんなに挨拶させてもらいました。

ピッタ(この子は分った)と黒のフレブルと思われる子、エアデールっぽい子が2頭、パピーは寝てるかもしれないのでって事で会えなかったけど、「もうみんな可愛いですよ」とスタッフさんが言われてました。

トウガはKさんがお部屋をお掃除してる間、外でキュオ~ンって甘えたようにないてました。

トウガを撫でて、元気でねって声をかけ、最後にKさんに「体に気をつけて下さいね」と挨拶してパークを後にしました。

何故パピー(11月に生まれた子)をパークへ連れてきてるのか疑問だけど、ほとんどの子が里親やホストファミリー等に行ったようです。

土日にはボランティアとの間に小競り合いもあったそうで、ある方のブログや某BBSではボラの現地集結を呼びかけてたりもしてましたが、里親やホストファミリーへの移動なら問題は無いと思われるのですが、ただやはり来られてるボラの方や、HPを見てる方に一言くらい『簡単な行き先』や『感謝の言葉』を直接かけられたら…そう思いました。猜疑心で満ち溢れてるんでしょうかね、でもちょっとどちらも冷静さに欠けているのでは?と、でも実際に見てたわけではないので、そんな事も言ってはいけないのかも知れませんね。

里親になられた方やホストファミリーの方に、みんなを幸せにしてあげて下さい、そしてみなさんも幸せになって貰えたらと思います。宜しくお願いします。

最後に撮影禁止になる前に撮っていた画像を貼り付けておきます。

今は空で見てるシットとドベと思われる子の姿もあります、先に逝ってしまった子達の冥福と、パークに居た子そして今も居る子、みんなの幸せを祈ります。

それから今回の事件を発端に、日本のペット事情・動物管理センターの事、お粗末な日本の愛護法など勉強させてもらえた事に感謝します。

最後にパークのわんこ達に、幸せな時間を過させてくれてありがとう!!

Img_0016_1 Img_0017_1 Img_0022_1 Img_0024_1 Img_0025 

Img_0026 Img_0034 Img_0035 Img_0036 Img_0040

Img_0041 Img_0046 Img_0047 Img_0048 Img_0049

Img_0050 Img_0051 Img_0060 Img_0064

私達にとってのパーク最終日になりました。

(ボラ作業なしだけどね)

« 不信感 | トップページ | 移り変わり »

ドッグぱーく&犬について」カテゴリの記事

コメント

ボランティア、本当にお疲れ様でした

AAの事は色々と思うところはあるけど、AAがパークに入ってメディアにガンガン知らせてくれたことで、たくさんのボランティアさんが集まってくれて、そのおかげでたくさんのワンコが助かったと言う事実
誰かがアクションを起こさなかったら、今でもあのワンコ達は狭く汚い所で飢えと病気に苦しんでいたでしょう

人間の最良の友であるワンコ達が、人間の欲求を満たすだけの道具にならない事を願ってます

りんママ 最後にパークの様子を見てきてくれてありがとう。
わたしたちのパークボラ活動、終わっちゃったね。
こんな形でいきなり終わるなんて…

大阪に行った子達、絶対幸せを掴んで欲しい。
最後まで広島で見届ける事が出来なかったのが
とても悲しいです(T_T)

この子達が教えてくれた事、無駄にしません。
まだまだ問題が山積みの日本の動物愛護法。
私にできる事、探してみます。

★きんたろうさんへ★
終ってしまいました。
一生の内でこんなにたくさんのわんこに触れ合える機会は
もう二度と無いと思います。
不謹慎ですが、本当に幸せでした。
この気持ちをあの子達も味わって欲しいです。
そして癒されて欲しいです。
本当に人間の欲望のままに命を弄ばれるのは、もうたくさんです。
でも、現実はもっともっと悲惨なんですよね。
そんな事を勉強した約3ヶ月でした。

もう私ではどうにもならないところに行ってしまいました。
今年ほど犬のことを考えた年はないです。
まさに犬年でした。
パークでのボラは終ったけど、これで終りじゃダメですね。
私も、私に出来る事、考えて行きたいです。
お正月に会えるの楽しみにしてます。

今日のお昼のワイドショー見ました。
一体何が真実なのかよくわかりませんが、少なくとも飢えや死に直面していたたくさんの子たちが、今は平凡な生活(幸せ)を掴みつつあることは事実だという事・・・。
私は何も出来ず、ただの傍観者に過ぎませんでしたが、今のワンちゃんたちの幸せはpeaceさんをはじめ、たくさんのボラの方々のおかげです。
ありがとうございました。そして、お疲れさまでした。
残りのワンちゃんたちが1日も早く幸せになれますように。

★ルークの母ちゃんへ★
毎日の様にパークでお世話されてた方々には
本当に頭が下がります、私達なんか微々たるものです。
今回の事で、たくさんの方が動物の置かれた状況を知り
『真の動物愛護』を考えるきっかけになってれば
それは良い結果だったと思える部分ですよね。
少なくても我が家では、子供も含めて
この事を話し合い、教育の一部にはなった…はず。
広島のドッグパークの子達に関しては、幸せを祈る事しか
出来なくなったけど、何か出来る事…探したいです。

最後までお疲れさまでした。
バタバタと打ち切られてしまうような
形になってしまったけれど
残された子たちもみんな幸せになってほしいです。

根本的なところから、いろんな意味で
変わらなきゃいけない時期に来ているのかもしれませんね。
そのためにどうしていったらいいのか・・・
何ができるんだろうなぁ。

★viviさんへ★
もう何がなんだか理解できません。
でもこれから自分に何が出来るのか?模索中です。
アメリカのアニマルポリスのTV番組見ました。
あんなのが日本にも出来れば…でも現実は…
親の虐待にも口を出せない日本の行政が
変われる日が来るのか、とっても疑問ですが
そんな事を言ってたら、前には進まないですね。
大きな事でなくてもいいから出来る事
きっと何かありますよね。

peaceさんお疲れ様でした。
広島のことを知り合いや家族に伝える時、「神龍の親戚のミニピンの飼い主さんがボランティアしてるのよ」と言ったらみんなかなり身近に聞いてくれた様に思います。

AAのこともいろいろありますが、私としては結局「結果」だと思います。
人間のことと一緒にしてしまいますが、私は大学を卒業してしばらく無認可の障害者の通所施設で先生をしていました。
施設にお金がないのですが、ボランティアで...となると教える側も生活がある...結局「お給料」を援助金とか寄付金からいただいていました。
生活もしていかないといけない、でも、犬たちのお世話もしなくちゃいけない...
世間からしたらそういう不幸なワンコたちのお世話をする人がいてくれたらその方たちの生活も支えてあげる...という場合もあってもいいんじゃないでしょうか。

結果的に500頭のワンコのほとんどを里親さんに引き渡したという結果はスゴイと思います。
あと、他で保護された子が広島に来ててもいいんじゃないかと思います。(まあ寒いかもしれないけど...)
例えば里親希望さんが他から来た子を気に入ってくれてその子が幸せになってくれればいいことなんです。
別にパークだからパークの犬だけ譲渡会に出すと決めなくてもいいかもしれないし...
時間がなくてAAさんのHPを詳しく見に行ってないのですが、大金の寄付の分は「シェルター」を作るとか言っておられますね。信じて楽しみにしたいです。

長くなりましたが残りのワンちゃんたちも早く幸せになって欲しいです。

★りなママさんへ★
今週、広島からは完全撤退したようです。
ローカルニュースで大きなトラックに荷物を積んで
出て行く様子が放送され、胸が痛くなりました。
毎日、大型犬のお世話をしていた方が、引越のお手伝いも
されてる姿が映ってたんです。
シェルター、作って欲しいです。
どんどん救って欲しいです。
1頭でも多くの犬(猫)達に暖かい家庭を…それだけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56677/4589058

この記事へのトラックバック一覧です: 最終日:

« 不信感 | トップページ | 移り変わり »