« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

りんりん受難

お久し振りの更新です…って、最近いつもの事と日常化してますがcoldsweats01

先週はちょこっと心配な事が発生し、気持ち的にも余裕がなくて…でももう大丈夫そうなので記録として書いておこうかと思いましてpencil

それは先週の水曜日の夜のこと、お散歩もいつも通りに済ませ、人家族がごはんを頂いていると、いつものごとくワンコラワンコラとテーブル下や付近で騒ぐお二人さん…でもりんりんの様子が変??

伊吹にちょっかい出されて『ひゃんひゃん』泣いてる…どっか痛い?何?としばらく右往左往…病院に行こうにも、掛かり付けは休診日だし、電話帳片手に近い所から順に電話しても、留守電か出ても時間外で無理down

最後にもう一度、掛かり付けに電話し留守電に名前と電話番号と症状を入れて、とりあえずは様子見。

症状は…

首のあたりを痛がっていて首を下におろせない、なのでご飯どころか水も飲めない。

伏せをする事が出来なくてお座りで顎を上げ気味、首を動かさずに斜めに見てる。

多分、首を痛めてる、まさか頸椎のヘルニア??

上手く寝っ転がれないので、ケースにカドラー(ベッド)を入れ毛布を丸めてあご乗せを作り入れてやる。

10時半ごろ、病院の先生から電話があり、様子を伝えると明日の朝来るように、もし夜中に急変するようなら電話してと言われ、一晩は様子を見る事に。

先生は「頸椎の椎間板ヘルニアかな?」と言われて、それから心配で眠れず、ネットで調べたり、りんりんの横でそっとそっと頭をなでたりして過ごしてた。

水も自分では飲めないので指に水をつけ、鼻にたらしてやるとペロペロなめて何とかのどの渇きは治まってる様子。

時々、痛むのかカドラーからするっと出て来ては「ひゃんひゃん」と泣き、そ~っと背中をなでてやると少し落ち着いて、カドラーに戻すとウトウトするの繰り返し。

そんな眠れない夜を過ごし、翌日の朝診察に行き、レントゲン&血液検査をした結果、可能性としてはやはり悪くて椎間板ヘルニアか良くて寝違えたような感じ?との事。

レントゲンで骨の異常はないし、血液検査も悪い数字はない、ヘルニアや筋を違えたようなものだと、レントゲンや血液検査では調べようがないから、それら(検査)が悪くないという事はヘルニアかな~と。

急にどうこうという程の症状ではないので、ステロイドを注射して翌日からはステロイド剤を1週間服用してケージインで安静にして様子を見る事に。

それから1週間の様子は、痛みもなくなったようで、ケージから出たそうにしたりするが、運動してないせいか食欲はいつもの半分以下。ステロイド剤の副作用で多飲多食になるそうだけど、水は沢山飲んでるんだけどご飯は…それでも散歩も部屋でさえ歩いてないから体重は落ちてはなさそう。

そんな様子を見てると、ヘルニアじゃないかもと思いつつ、再度受診すると、やはり先生もヘルニアではないかなとなって、ステロイド剤を飲まず、薬が切れた状態で3日ほど様子を見て、痛がるようでなければケージレスにして徐々に散歩も復活でOKscissors

と言ったところで、今日はその3日目good

痛みもなさそうだし、ステロイド剤やめた方が食欲があり、いつもと同じくらいをいつもより早く食べたる。

これなら明日からは部屋では普段通りで良さそうだね。

なんて具合に10日を過ごしてました。

画像もなく、だらだら長文にお付き合いいただき申し訳ありませんでした。

来週には「りんりん復活の日々」をお送りいたします(予定)

では、乞うご期待ってかnote

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »